民俗芸術の旅-午後

  • 日程»
  • 最少催行人員» 1 名
  • 料金» 成人 NT$ 1300.00000 /人
  • 兒童 NT$ 1100.00000 / 人
  • 嬰兒 NT$ 100.00000 / 人

Product Introduction

    【ツアーの紹介】
    民権街の南側は三峡老街と呼ばれています。全長約200mの三峡老街は大正時代の建物を今に残しており、1991年、正式に「三級古跡」に認定されました。民権街はその昔、三峡地方の商業の中心地で、レンガつくりの建物には当時の戸主や商店の名前などがレリーフやガラスモザイクで記されており、民権街の往時の繁栄を物語っています。老街の建物には中、欧、日の多様な形式が融けあっています。中国南部.南地方独特の、二階部分が一階入口の上に張り出し、美しい柱で一階部分に回廊のような通路を形づくる「亭仔脚」を基礎に、ヨーロッパのバロック様子を取り入れた建物が並び、日本の家紋を模した飾りなども見られます。そしてこれらの建物には、百年の歴史を誇る老舖が軒を連ねているのであります。
    尖山埔路は鴬歌でもっとも古い窯跡で清朝の呉鞍がここに窯場を設立してから徐々に窯業の町が形成され、鴬歌の窯業発展の中心となった。現在、往時の尖山埔路の姿は見られないが、2000年に新北市の「ふるさとの新しい顔」、「一町村ー特色」政策に合わせ、「陶芸立鎮」の特色を生かして旧尖山埔路は新たに「陶瓷老街」と命名され、鴬歌が誇る観光スポットとなった。
     全長750mの「陶瓷老街」には330mに及ぶ歩行者天国が設けられ、車両の通行が禁止されているが、自動車で訪れた人は三号公園付近の駐車場に車を止めることができる。駐車場から坂道をまっすぐ行くと、老街入口に古い煙突がそびえているが、これは炭焼き窯時代の名残りである。さらに鉄道を跨ぐ歩道橋には陶タイルで書かれた「陶瓷老街」の文字が並び、老街の芸術的な雰囲気を盛り上げてくれている。また歩道橋の下には窯場の煙突を模した彫刻が四つ置かれている。



    【観光ポイント】
    13:00 PICK UP
    14:00 三峽清水祖師廟
    15:00 三峽老街
    16:00 鶯歌陶瓷器工場と展示センタ
    17:00 尖山埔路老街(陶瓷街)

    ※スケジユールと時間は变更の可能性がございます
    ※上記の説明文は台湾台湾観光局より提供しています
    ※混載車利用
    ※無料送迎は台北市内一部のホテルに限り、無料送迎エリア以外のお客樣申し訳ないですが、『台北駅東3門』まで各自でお越しい頂く形となります。

Bustour 訂購須知