台灣周遊4日観光

  • 日程»
  • 最少催行人員» 2 名
  • 料金» 成人 NT$ 17600.00000 /人
  • 兒童 NT$ 15000.00000 / 人
  • 嬰兒 NT$ 500.00000 / 人

Product Introduction

    【ツアーの紹介】
     赤崁楼は1652年にオランダ人に創設されたもので、もとはプロビンティア城(オランダ語で永遠の意味)と言われていたが、のちに中国人に「赤崁城」、「番仔楼」、「赤毛楼」などと呼ばれるようになった。明代、清代、日本統治時代と長い歳月を経ているものの、昔ながらの風貌がほぼ保たれている。オランダ人により占拠されていた時代から行政要所とされ、1661年に鄭成功がオランダ人を駆逐した後、プロビンティア城を首府に制定した。清代初期、台江が土砂で閉塞される前、赤崁楼のすぐそばまで波涛が達し、「赤崁の黄昏」は当時有名な台湾八景の一つであった。赤崁楼の前には外地から運ばれ、清代に造られたという9基の石亀駄碑がある。伝説によれば石亀は龍が生んだ9人の子の一人で、重責を負わされていたため、亀の形にされたという。また、「断足の石馬」像は石馬が妖怪に化けて悪さをしに夜な街へ出てくるため、足を切られ現在の姿になったという話が伝わっている。時が経ち、赤崁楼は人による破壊とずさんな管理により次第に倒壊していった。オランダ風の建物に中国風建築が加えられ、観音菩薩などの神明が奉られていた時期もあった。日本統治時代には陸軍の衛戍病院として利用され、改築や修繕の手が加えられた。台湾が主権を取り戻してからは木製だった建物が鉄筋コンクリート構造に変えられ、主な入り口の方向も変更されて、現在の様子を呈している。
    【観光ポイント】
    1日目 08:00ホテル出発→ 台湾新幹線で台中へ→埔里(晝食)→日月潭觀光( 文武廟.德化社.慈恩塔.玄奘寺)→ 宿泊:日月潭ホテル)


    2日目 ホテル出発→台南市赤崁樓→晝食→延平郡王祠.奇美博物館→高雄へ→六合夜市へ→愛河夜景 宿泊:高雄市福華大飯店


    3日目 ホテル出発→墾丁國家公園風景區→晝食→台東へ 宿泊:台東娜路彎大酒店

    4日目 ホテル出発→台東駅花蓮へ→タロコ峡谷周遊観光(長春祠→燕子口→九曲洞→大理石橋→天祥→大理石工場→ 花蓮駅より列車にて台北へ→台北駅到着後ホテルへお送り


    ※スケジユールと時間は变更の可能性がございます
    ※上記の説明文は台湾台湾観光局より提供しています
    ※混載車利用
    ※無料送迎は台北市内一部のホテルに限り、無料送迎エリア以外のお客樣申し訳ないですが、『台北駅東3門』まで各自でお越しい頂く形となります。

Bustour 訂購須知